褌(ふんどし)> 巻きロック仕立て・三巻仕立て>

巻きロック仕立てのふんどし

 端を巻き込みながらかがっていく特殊な機械を使用して、ごろつきを少しでも軽減しようと今回”巻きロック仕立て”を取り入れてみました。

 これがなかなか良い感じなんですよ。肌への辺りがやさしいというか・・・三巻だとしっかりしている分、どうしても少し硬さと言うかハリを感じますよね。その端の硬さがないんですよ。仕上がりもきれいですし、いく分軽い感じもします。お洗濯なども通常通りで大丈夫です。

 おすすめの形は「割褌」です。腰ひも部分はもちろん、股ぐり部分の肌のあたりとごわつきの違いが大きく分かると思います。興味をお持ちの方は是非この”巻きロック仕立ての褌をお試し下さい。


※一部対応できない生地(羽二重:シルク等)がございます。
割褌(わりふん)
割褌(わりふん)
紐の中央部分
紐の中央部分
巻きロック仕立て
巻きロック仕立て
薄くスッキリとした仕上がり
薄くスッキリとした仕上がり



三巻仕立てのふんどし

三巻仕立てとは、端を二回折ってミシンをかける、一般的に行なわれている端始末の方法です。
三巻仕立て
三巻仕立て
ハリのある感じ
ハリのある感じ



よれにくい喜左衛門褌新発売 シルク使いでお買い得

<美夜古企画 <褌(ふんどし) <巻きロック仕立て・三巻仕立て